とても細かいところまで描かれたハイパーリアリズムなバラの絵画

とても細かいところまで描かれたハイパーリアリズムなバラの絵画

アーティストGioacchino Passiniさんによって描かれた、とてもりあるでハイパーリズムなバラの絵画をご紹介します。Gioacchino Passiniさんによって描かれたいくつかのバラは、とても大きなキャンバスに描かれています。

そのため、ハイパーリアルズムに描かれたバラは、まるで虫眼鏡でバラを眺めるように、とても細かいところまで見ることが出来ます。バラに与えられた水の粒が、まるで写真のように見えるほどのリアルな絵画です。

Gioacchino Passiniさんの作品の素晴らしさを見てみましょう。

Gioacchino Passiniのハイパーリアリズム

Passini8

Passini7

Passini10

Passini11

Passini4

Passini5

Passini6

Passini12

Passini1

Passini2

ハイパーリアリズムなバラの絵画が大きく描かれることで、それはより一層リアルな物に見得ます。Gioacchino Passiniさんが描く、巨大なバラのシリーズ。そのリアルさで、ため息が出てしまうほどです。

Gioacchino Passiniさんの描く絵画

Gioacchino PassiniさんがHPで公開してある絵画を見てみると、たくさんのハイパーリアリズムを見ることが出来ます。ココまで細かく描けるのはかなり時間がかかってしまいそうですね…。

バラ以外にも、人物や機械などもあります。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です