まだデータがありません。

犬の彫刻、よく見ると自転車の部品から作られていた。

犬の彫刻、よく見ると自転車の部品から作られていた。

Nirit Levavさんがつくる犬の彫刻「Unchained」は、自転車のチェーンをリサイクルして作られている。犬の毛並みを自転車の部品(主にチェーン)を使って表したのです。

遠くで見る限り、太めのニット素材で出来ているかのように見える犬。近くでよく見てみると、それらすべてが金属のチェーンでまとわられていることに気付く。キュートな犬さんがかなりガッチガチな金属塊だったのだ。

犬の彫刻「Unchained」

Lord-Maximus-5501

Othello1

びっしりとチェーンが張り巡らされている犬さん。

Trip

寝ぼけがおのいぬ。目はビー玉で作られているのかな?

Nikita

Maxine

毛並みの表現が素敵。

Lola

 

Max

ny-booth

大きさは結構大きなものだそうだ。

<Nirit Levav art – unbelievable dogs, made of bicycle chains/div>

Nirit Levavさんのインタビュー&工房での様子。かなりハードな作業をしてこの彫刻達を作っているみたいだ。自転車修理店の破棄されるチェーンをリサイクルして作られた彫刻。作品になれば、そいつらもうかばれるだろう。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です