【脱獄不要】iPhoneのアプリを開くアニメーションを無効化する方法

【脱獄不要】iPhoneのアプリを開くアニメーションを無効化する方法

Assistive Touchのグリッチを利用して、iPhone(iOS9.2.1で確認しました)のアプリを開くアニメーションを無効にする方法が判明した。

これは、いわゆる脱獄(jailbreak)を必要とせず、アニメーションを無くすことでアプリを開く動作を無効化する方法です。そのため、少しだけアプリを開くのが早くなる。

しかも、手順がメチャクチャ簡単なので、やってみる価値はあり?機敏さを求めるならやってみようぜ。

※アップデートで防がれる可能性は有ります。
※起動が遅いアプリの起動が速くなるわけではない。
※iOS 9.3.2では使えないようです

iOSのアニメーションを無効

Completely disable iOS animations – no jailbreak needed!

動画の説明によると以下の手順でアプリを開く動作を無効化している。

  1. 設定>一般>アクセシビリティ>Assistive TouchにあるAssistive Touchをオンにする
  2. Assistive Touchを下にやる
  3. ホーム画面から下にスワイプしてSpotlightをだす
  4. キーボードの上をタップして、ホーム画面に戻す
  5. 動作が早くなる

動画の流れ的にはこうなっているのですけど、ここで重要なのが3、4の動作です。これを注意してあげれはiPhoneのアニメーションを無効化できます。

動画の1:10~1:20の間で「Assistive Touchがキーボードで押し上げられ」「ホーム画面表示で下に戻る」という動作が有ると思いますが、それが「早く戻る」シーンが有ります。実はこの時点でグリッチ出来ており、タップするとアプリがアニメーションなしで動く。

 

つまり、「ホーム画面でスポットライトを出して、タップしてホーム画面に戻す」という動作を繰り返すだけです。

 

動画では、Assistive Touchをオフにしていましたが、オフにしなくてもアプリ起動は速いままです。。また、「低電力モード」や「視覚効果を減らす」をオンの状態(動画ではオフにしていた)でも今回のグリッチは利用できました。また、Assistive Touchも普通に利用できるので、本当に「アプリの起動アニメーション」だけ無効にされた感じです。

 

この動作はデバイスの再起動で元に戻ります。

 

iPhoneの裏技的なやり方ですが、Appleのおそらくアップデートで防がれるヤツです。試せる期間に試してみてはどうだろうか。ほんのちょっとした時間短縮を体感できますよ。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です