ノイズキャンセリングでコスパすごいイヤホンDecoka DK100

ノイズキャンセリングでコスパすごいイヤホンDecoka DK100

こんな静かな環境で執筆できるなんて…。

DecokaのANC(アクティブノイズキャンセリング)機能のついたイヤホンをご紹介します。環境音を軽減でき、電車移動、人混みの中でも静かに音楽を聴けるアイテムです。使ってみて、コスパが良いと感じました!!

ANC(アクティブノイズキャンレリング)技術がはいったイヤホンのレビューを頼まれた。正直「えぇ?めんどいな、ダメだったらレビューしなくて良い?」って返答したんだけど「大丈夫、信じて」ということで、製品提供を受けた。

ダメだったら本当に記事を書かないつもりだったけど、このイヤホン、すごい、よかった。

DecokaのANC搭載イヤホンDK100

コチラが今回ご提供頂いたANC搭載のイヤホンDK100です。値段がまず安いなと思った。ANC搭載で4000円切っています。某有名メーカーのBOSEとかSONYとかの使ったことありますけど、機能的にはちゃんと動いているなと感じました。

  • ANCは機能している
  • バッテリー20時間
  • わりと静かで音楽に没頭できる
  • カナル型イヤホン、長期的に利用しても気にならない
  • 周りの音を聞けるモニターモードがある
  • 真ん中のボタンで色々操作できる
  • 無音になるわけじゃない

という感じです。ANCはちゃんと機能していて、周りの音が気にならなくなり音楽に集中できます。もちろん、音楽をかけて無くてもANCは機能してくれて、それだけでも普通に集中できるものです。ちなみに、いま、ソレを装着しながら執筆してますが、周りの音が気にならない。

キーボードの音さえ小さくなります。ただ、これだとチャイムが鳴ったら多分気づかない。

バッテリーが20時間持つので、これはマジでありがたいなと思った。めんどいじゃん、充電。ちなみに、利用して1週回程度ですが、とくにバッテリー充電する…ってのにまだあってない。まだ20時間たってないのか…。あと、バッテリーは1.5時間で満充電だってさ。

カナル型イヤホンということで、まぁ、イヤーピース後で買い得るんだけど、とりあえず、最初からついているのは、s/m/lのサイズがあります。自分のサイズに合わせてね!!

あと、ANCがあるからといって、決して無音になるわけじゃない。高価なANC搭載のやつだと、「ほぼ無音」なものはあるけど、コレはあくまで周りの音を小さくしてくれるやつ。静かに暮らしたい吉良吉影タイプの人には良い製品かも。

ちょっとした欠点?

Decocaearphonedk1000 243A1383

思ったよりも良い製品だからちょっと難癖浸けたいです。ANCの本体部分の丸い部分。これ、邪魔だなっておもった。チョイデカイ。細長い縦長とかだったらカッコよかったかも。あと、なんで、デバイス側なんだろう。イヤホンの分岐部分だったらオシャレなのになって思った。デバイス側、ってかデバイスからほんの数センチの位置だから、ちょっとソレは…って思った。

難癖終わり。

コスパ良しでしょ。

まず、ANCがちゃんと使えているのにビックリ。ボクが知っている某中華メーカーのANCは、なんちゃってANCで音楽の時に変な音を混ぜてごまかしているヤツだったんだけど、これはANCだわ。環境音小さい。いいね。

それでいて、この価格。コスパ良いです。まじで良い。

だから記事書いてます。もし、なんちゃってANCでなおかつ、値段がアレだったら絶対に記事書いてないわ。でも書いたって事は、これはいいなって思ったからだよ!! 静かな環境を手に入れた。嬉しい。

ってことで、静に暮らしたい、もとい、静に音楽を聴きたい、静かな環境で仕事したい、そういう人、ANCどうぞ。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です