崖に埋め込まれたプール付きの住居Casa Brutale

崖に埋め込まれたプール付きの住居Casa Brutale

一度で良いから、こういった建物を見てみたいです。天井にはプールが有り、壁素材はコンクリート。そして建造されている場所は、崖の中!

コチラの画像は、OPA(open platform for architecture)が公開している画像です。崖の中に建てられた建造物の中身が非常にシンプルでインパクトのある建造物です。

Casa Brutale

cbru_5_web cbru_10_web cbru_12_web cbru_9_web cbru_13_web cbru_1_web cbru_8_web cbru_7_web cbru_11_web cbru_6_web cbru_0_web

すごすぎて良くわからない。天井にプールが有り、そこは強化ガラスで作られている。日中は自然の光が下に流れるという仕組み。

住居は、コンクリートと木で造られている。置くにはトイレとお風呂があるそうです。仮に、こういった物を「崖に作れる」「ちゃんと住める」として、いったいいくらほどお金をかけたら出来るのか気になります。

もし出来るのであれば、是非この建物を見てみたい物です。

地面より下にあるので「ゴミ出しとか大変だろうなー」とか、「水とか電気ってどうやって引くんだろうか?」とか「砂ぼこりがめっちゃ入りそう」とか色々と妄想してしまいます。

OPAのサイトにて

OPAのサイトにて、この建物の設計図的な物が公開されています。実際に作るのでしょうか?是非作って欲しい。

ところで、曇りの日は天井も暗いからやっぱり電気をつけないとダメなんでしょうね。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です