たくさんのカメラと長時間露光を使って作られた映像アート

たくさんのカメラと長時間露光を使って作られた映像アート

カメラの長時間露光を利用して、空間にイラストを描く手法は、カメラのアート作品「ライトニング」として有名です。
そんなライトニングアートを50台のカメラで同時に行ったアート作品をご紹介します。

今回ご紹介する映像アートのタイトルは「Bullet Time Lightpainting」となっているのですが、映画「マトリックス」で有名なスローモーションになる手法「バレットタイム」のとはちょっと違ったものとなっています。長時間露光の写真を同時に撮影して、それらを繋ぎ合わせた映像作品です。

長時間露光のライトニングを3次元的にとらえた作品といったところです。

50台のカメラを使ったライトニングアート

0 Camera Project – Bullet Time Lightpainting

長時間露光で収められた美しいライトニング。それらをオリンパスのカメラ50台を使って撮影されています。

「バレットタイプ」とは異なり、長時間露光で同時に撮影された物を連続的に繋ぎ合わせた作品です。なので、ライトニングされた物を立体的に認識できるという感じですね。

ZOLAQ

このアート作品を手がけた「ZOLAQ」は、ライトニングの専門家をしています。彼らの作り上げたライトニングアート作品はまさに芸術品です。ZOLAQのHPにある「portfolio」などから様々な作品を見ることが出来ます。是非とも光の芸術作品を五ランクださい。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です