Photoshopのブラシサイズ変更、消しゴムツールとのトグル機能を持つツール:BrushKnob

Photoshopのブラシサイズ変更、消しゴムツールとのトグル機能を持つツール:BrushKnob

Photoshop使いの人ならこの製品は使ってみたいと思うんじゃないだろうか?

上 航(Kami Wataru)さんがクラウドファンディングINDIEGOGOで出しているプロジェクトBrushKnob。Photoshopの助けになってくれる物理的なツマミだ。

ブラシサイズの変更をするツマミ、そしてブラシツールと消しゴムツールを入れ替えるためのトグルスイッチがついている道具なのだ。これにより直接的にブラシサイズを変える事が出来る。つまりPhotoshopでの繰り返し行うブラシサイズ変更の動作がめっちゃ楽になるのだ。

2016/05/10現在、INDIGOGOで出資を募っているプロジェクト「BrushKnob」を紹介しよう。

Photoshopを助けるツマミ

BrushKnobが出来る事はブラシサイズの変更とブラシと消しゴムのツールの切り替え。たったこれだけなのだが、Photoshopを使った事が有る人なら、おそらく「ぉ、いいかも」とおもってしまうかも知れない。何度も何度もサイズを変更するブラシサイズ。その動作をツマミ一つで出来るのだから。

BKIsWorking_min

BrushKnobの動作も単純だ。つまみを回す。ボタンを押す。この二択しかない。だからいいのだ。シンプルなのが良いのだ。

_DSC0436sxs_bvssl4

_DSC0493s2_dvm7rk
サイズも長編が75mmと結構小さい。作業の邪魔にはならないだろう。そして対応しているOSはWindowsとMacなんだとか。

ひとつ問題を上げるとしたらコレだろう。

BrushKnobの挙動はPCのキーボード設定に依存します。このBrushKnobは、英語キーボードが接続されているPCで正しく機能するようにプログラムされています。(日本語キーボードが接続された環境の多くでは、 ‘[‘ ではなく ‘@’ が入力されます。)

BrushKnobがPCに送るのはツマミで「[」と「]」の動作。そしてスイッチで「B」と「E」を送る。注意書き通りなら、日本語キーボードだと違う信号を送ってしまう。その場合はPhotoshopのショートカット設定を変更する必要が有るみたいだ。

似ている製品はぶっちゃけ高い

こういったツマミ(ノブ)が付いている製品といえば、Griffin Technology社のPowerMateがあげられる。これはいくつかのマルチな行動が出来る製品だ。この製品とBrushKnobを比較するならば、圧倒的にBrushKnobの方が安価に手に入る事になる。

PowerMateのようなアルミ削り出しのツマミやスイッチのカスタマイズがいらないぞというのであれば、BrushKnobを手に入れればいいのかなと。

BrushKnobは、あと20日以上あるにもかかわらず、すでに26%をこえている。Photoshopの動作を円滑にしたいユーザーさん。INDIEGOGOでBrushKnobに出資してみてはどうだろうか?

追記、一般販売について

数量限定で一般販売されました!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です