アプリ内ブラウザでSafariを開くことが出来る連携機能Browsecurely

アプリ内ブラウザでSafariを開くことが出来る連携機能Browsecurely

アプリ内ブラウザをSafariで開いたことにしてくれるApp Extensions(連携システム)「Browsecurely」が便利なのでご紹介します。

Twitterのようなアプリの場合、アプリでリンクを開くとアプリ内ブラウザが開いてくれます。例えばその時に会員サイトなどを開いた場合、別途Safari等の「すでにログインしているブラウザ」を開いてから、会員サイトにログインしているのでは無いでしょうか?

正直パスワードなどをいちいち打ち込むのが面倒なので、そのような処置をとっています。

今回ご紹介するApp Extensions「Browsecurely」を使えば、いったんSafariを開くと言う動作をせずとも、アプリ内ブラウザ内でSafariを開くことが出来るアプリです。

Safariを開ける「Browsecurely」

アプリ「Browsecurely」は無料アプリでApp Extensions内で使えるアプリです。基本的な使い方は、アプリ内ブラウザでのApp ExtensionsでBrowsecurelyを選択するだけです。

browsesecurelymian

また、Browsecurelyの良いところは、Safariのログイン項目引継以外にもコンテンツブロッカー(Safari用の広告非表示)などの機能をそのまま引き継げるというところです。

Browsecurelyを利用するには、開きたいサイトをいったん開くという作業がありますが、アプリ内ブラウザ内でログインの手間や広告非表示が可能なので素晴らしい。

コレまで行っていた作業(いったんSafariを別途開く)と言うことから解消されるので、そのためだけにも入れてよいと思います。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です