BMWのコンセプトカー「VISION NEXT 100」がものすごく未来的だった

BMWのコンセプトカー「VISION NEXT 100」がものすごく未来的だった

BMWが100周年を迎えて、ドイツにてセレモニーイベントが行われた。そこで登場したコンセプトカー「VISION NEXT 100」がとにかく凄いヤツだった。

もう、未来を想像してそれらをすべて車に詰め込んでみたと言わんばかりの欲張りっぷりの車です。色々なセンサーや、ハンドルは円形じゃなくて変形して出てくる変わった形。

ハンドルをきれば、どちらに曲がっているのか体や部分の造形が変形するというなんかすごいぞこれ。そもそも内装のインテリア自体がこれまでの車のイメージではない感じ。

まぁ、そのVISION NEXT 100のコンセプト動画が有るのです。

VISION NEXT 100

BMW Vision DRIVING LIVE at World Premiere BMW Vision NEXT 100 2016 New BMW Concept Autonomous CARJAM

まずはセレモニーに登場したVISION NEXT 100が動いている様子。見事にかっこいい!ってかなんだこの形は。

カメラの角度が変わって窓からはうっすらとハンドル部分が映されており、実際にそのハンドルで操作されていることがわかる。また、ハンドルを切ることで、体や部分の「造形」が変形する、いわゆるトランスフォームしているのも見て取れる。

BMWっぽさといえば、前面のグリル部分だな。

BMW Vision INTERIOR Review BMW Self Driving Car World Premiere BMW Vision NEXT 100 2016 New CARJAM

そして人感センサーや、いろいろな機能がまとめられている動画。上に開く扉から変形して出てくるハンドル。なんかいくつかの機能があるみたいです。あのウロコみたいなやつは、常に動いていて、それで色々と指示をしてくれる感じですかね?

 

なんか凄すぎて、未来過ぎて、全く着いていけてないですけど、BMWが考える次の100年には、こういった車が出回るのでしょうね。

他にもいくつかの写真が公開されています。ぜひともBMWのHPを訪れてみましょう!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です