まだデータがありません。

オフロード走行可能なエレクトリックボード:BajaBoard

オフロード走行可能なエレクトリックボード:BajaBoard

電気の力で傾斜がなくても走ることができるスケートボードであるエレクトリックボード。それのオフロード版な「BajaBoard」をご紹介します。BajaBoardは大きいタイヤ、サスペンションなどがついてた浜辺や荒れた道などで使えるアクティブなエレクトリックボードだ。

けっこうな傾斜だって登れるパワフル設計です。

色々売られているパワードスケートボード(Boosted board、Stary Board、The Marbel Boardとか)は、道路の舗装された平らな道での利用を想定して作られています。今回ご紹介するBajaBoardはオフロード、たとえば砂利だらけの道や砂浜を走行できちゃうのだ。

パワフル、アクティブ、BajaBoardはそんな印象です。

いくつかBajaBoardの映像があったのでご紹介させていただきます。

オフロードなエレクトリックボードBajaBoard

Bajaboardgreatelectricboard 800 x509

BajaBoardの特徴といえば、このタイヤやサスペンションではないだろうか?アルミニウムなダブルウィッシュボーン式サスペンションのお陰で、荒れた道なんかも安定して走行できちゃうということなんだろう。

Bajaboardgreatelectricboard 2 800 x533

もう、造形がかなりかっこよく見えちゃう。サスペンションの魅力ってそういうところにもある。

Bajaboardgreatelectricboard 3 800 x424

ライトまで付いていて、夜の走行を考えられているのかな?

Bajaboardgreatelectricboard 1 800 x500

うわー、メカメカしいのがめっちゃいい。

BajaBoardの映像

BajaBoardでどう見てもオフロードな道を走行している。かなり安定して走行できているようにみえる。

こっちもオフロードな映像。離れてみていてもやっぱり安定して走行できてそう。

とんでもなくデコボコな道を走行できちゃうシーン。すげーなこれ。

浜辺でも余裕で走行。

「難なく」という感じではなさそうだけ、かなり傾斜のある坂でも登れるパワフルさ。

これ、ほんとなの?人物を入れた、約1.5トンの重さの車を牽引している。BajaBoardがめっちゃパワフルだってのを言いたいのね。

BajaBoardは買える?買えない?

BajaBoardにはG4とG4Xというモデルが存在して、それぞれ3299ドルと3999ドルとなっている。どうやらモーターの数が違うらしく、その分G4Xのほうがパワフルに走行できるという感じ。

BajaBoardはトップスピードは時速50km/h(まじで!?)で、だいたい30-35km走行できるそうだ。通勤とか最強じゃないか。G4Xに関して言うと傾斜も強くて、110kgの人でも乗れちゃう。

ぐぬぬ、悔しい。

何が悔しいって、BajaBoardは日本に発送してないんだよね。まじかー、ココまで引っ張っといてアレだけど、さっき調べたら無理だったわー。だれかアメリカの友人にでも頼んで買っといてもらうって感じになっちゃうのかな。

そもそも、日本の公道ではまだまだこれ系は走れないけどね!でもオフロードならOKなのかな。

あぁ、ほしい!マジでほしいぞこれ!気になった人は、下記リンクから見てみよう!

BajaBoard[関連]

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です