アップルOS X Yosemite用のSafari 8.0.2を配布

アップルOS X Yosemite用のSafari 8.0.2を配布

AppleはOS X Yosemiteのソフトウェアアップデートに「Safari 8.0.2」を配布しています。Safari 8.0.2アップデートは全てのOS X Yosemiteユーザに推奨され、操作性、安定性、およびセキュリティの改善を含む以下の修正を含んでいます。

OS X Yosemite用Safari8.0.2

  • iCloud Driveが入になっていない場合にデバイス間で履歴が同期されない問題を修正
  • 2個のデバイスをiCloudキーチェーンに追加すると保存されたパスワードが自動入力されなくなる問題を修正
  • RetinaディスプレイでのWebGLグラフィックスのパフォーマンスを改善
  • Firefoxからユーザ名とパスワードを読み込める機能を追加
  • 8.0.1 アップデートのインストール後に稀に発生する、一部のユーザがSafariにアクセスできなくなる問題を修正

ご覧のようにいくつかのバグが修正されています。「一部のユーザがSafariにアクセスできなくなる問題を修正」が改善されているのはいいですね。実は一時アップデーターが配布されていて、それを適応したユーザーがSafariが使えなくなったそうです。それが修正されたということですね。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です