iOSの純正アプリを非表示にする方法

iOSの純正アプリを非表示にする方法

iPhoneを使いこなしている人でも、「AppleWatch」「ヒント」「ヘルスケア」等の全く使わないアプリがいくつかはいっていると思います。しかも、そのアプリはAppleの純正アプリだから消せないという…。

そうだ!そういった使わないアプリは非表示にしちゃえばいいのです。

今回ご紹介する方法を使えば、とっても簡単にそういった使わないアプリを一時的に非表示にしてくれます。iOS9-9.2でも使える、不要アプリの非表示方法です。

一時的というのは、iPhoneを再起動するまでの間。それでも非表示にしたい人はどうぞこの方法ご利用ください。

Appleの純正アプリも非表示に出来る

Super Easy! New Trick! How To Hide Apps On iPhone – iPad , iOS 9 – 9.2 , Any App Hidden In Seconds.

こちらが今回ご紹介する、Appleの純正アプリも非表示にするちょっとした技です。以下に手順をご紹介します。

  • 非表示にしたいアプリを長押しして移動できる状態にする
  • フォルダの中(なければ先に作る)に移動する(手は放さない)
  • フォルダの右側にアプリを移動させフォルダ内のページを増やす
  • いったんアプリから手を放し、再びアプリを押してフォルダの右側に移動させる
  • もう一つのページが増えたのを確認した後、ホームボタンを押す

動画では、フォルダ内の3ページ目を表示して消されていましたが、「アプリの入っているフォルダにページを2つ追加」すればどのフォルダでも利用できることを確認しました。

まあ、再起動したら戻っちゃうので気分的に非表示にしたいアプリをこのやり方でやっちゃうというだけのものです。

ガチで消したい人はこの方法

iosappsafariteishi

普通に利用する上ではあんまりやらなくてもイイですが、Appleが用意してある純正アプリの一部は、「設定」より非表示に出来ます。

「設定」>「一般」>「機能制限」>「機能制限を設定」をオンにすると非表示に出来るアプリが選べます。ただし、以下の機能のみ非表示にします。

  • Safari
  • カメラ
  • FaceTime
  • iTunes Store
  • iBooks Store
  • Podcast

実はコレは、おこさんなどが勝手に利用できないよう制限をかけるためのものです。なのでアプリ内課金なども制限することが可能。ただし、「非表示」になるだけで、その機能を補助として使うアプリ(たとえばアプリ内Safariとか)などでは使えてしまう。

今回ご紹介した方法は、どちらも気分的なものと思われますので、気休め程度に覚えておきましょう。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です