水彩画で描かれた8bitの柔らかい雰囲気:Adam Lister

水彩画で描かれた8bitの柔らかい雰囲気:Adam Lister

1978年、バージニア州フェアファックス郡で生まれた才能あるアーティスト、アダム・リスター(Adam Lister)さんの作品を紹介していこう。彼の描く作品は、ゲームなのでよく使われた8bitと水彩画を掛け合わせた作品です。

水彩画のような柔らかい表現を8bitのようなガッチガチに固めたものに使う。相反する存在下と思われていたが、その描かれた作品を見ると、雰囲気が素敵テイストになっている。

例えば上記作品はいったいなんだろうか?そう、アメリカのテレビドラマ「ブレイキング・バッド」なのです。そんな有名作品がいくつか水彩画8bitに変えられています。

水彩画と8bitの組み合わせ

Adam Lister4

新印象派の画家ジョルジュ・スーラの代表作『グランド・ジャット島の日曜日の午後』をそのまま8bitに変えてある。パリ近郊のセーヌ川を過ごす人々が見て取れます。

Adam Lister3

コレはどう見ても、ルネ・マグリットの『人の子』です。この作品は色々なアートで使われるものですね。

Adam Lister8

「ね、簡単でしょ?」でおなじみのアメリカの画家ボブ・ロス。

Adam Lister2

スター・ウォーズのヴィラン、「ダース・ベイダー」

Adam Lister7

バットマンとロビン

Adam Lister6

ゴッドファーザー

Adam Lister5

ウィリーウォン

Adam Lister9

バッドマンとアイアンマン

8bitになるとどうしても形が崩れてしまうので、原形を失っているものの、その物自体の雰囲気は醸し出されるのでなんの作品かよくわかります。水彩画っぽい雰囲気も出てて良い感じ!

Adam Listerさんの作品は、彼のwebサイトでタップリと見ることが出来ます。葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』やNARUTOなんという日本のマンガなんかも8bit水彩画で描いているのでぜひご覧ください。

adamlistergallery[関連]

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です