まだデータがありません。

あぁ、8bitな砂糖を見れるのはなんてステキなんだ

あぁ、8bitな砂糖を見れるのはなんてステキなんだ

愛する8bitの世界、ちょっとしたティータイムのシーンに現れたら、さぞステキな雰囲気が待っているのかも知れません。ロシアのアーティスト、ダイナ・ベレンコ(Dina Belenko)さんが、様々なアーティスティックな物が公開されるBehanceにて公開した、砂糖を使った8bitの表現。

ティータイムに砂糖はうってつけのアイテム。甘いのが好きな人にはなおさらです。そんな角砂糖をつかって、8bitの「ドット」として利用すれば、そこはまるでゲームの世界になりえます。

角砂糖をつかった8bitなティータイム

8 bit teatime Series — Upgrade

こちらはゲーム「パックマン」をイメージしたティータイムのシーン。角砂糖と一緒に設置されているクッキーは、ゲーム内に登場するパワーアップアイテム「パワークッキー」をまさにイメージさせてくれます。

8 bit teatime Series — Upgrade

8bitな敵がやってきた!シューティングゲーム「スペースインベーダー」をイメージした物。こんなに接近してきたら、倒せないかも?

8 bit teatime Series — Upgrade

ブロックの組み合わせでその場を制するパズルゲーム「テトリス」あとちょっとで「棒」があの隙間に!それでも、消えるのは一番下の段だけという悲しいことに。

8 bit teatime (Super Mario Bros. )_part 1

そしてコチラは「マリオ」をイメージした物です。クッキーはもしかしてコイン?フラワーやキノコが可愛い!

永遠の8bit

若い世代にはなじみの無いかも知れませんが、8bitゲームで育った人たちにとって、8bitと言う存在は「ゲーム」の基盤と言っても過言ではないように思えます。3DCGバリバリのゲームをやっている人たちにも、8bitなゲームはきっとハマってくれるものと信じていますよー。

是非一度、こう言ったゲームを体験して欲しい。

Dina Belenko[Behance]

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です