2次元のはずなのに立体的に見えちゃうファミコンのゲームエミュレーター

2次元のはずなのに立体的に見えちゃうファミコンのゲームエミュレーター

ファミコンのゲームは横スクロールなど「2次元」な平面で表現したゲームを多く見かける。そんなファミコンのゲームタイトルをまるで「立体」かのように3Dで見せるファミコンエミュレーターが有るそうです。

YouTubeチャンネルGeod Studioが公開していたファミコンのエミュレーター。いくつかのゲームが2次元から3次元できな雰囲気で動いているでも動画が公開されていました。

3Dなファミコンゲーム

3DNes Emulator – Beta Release

なんだか「もりっ」と、どっと部分が盛り上がって立体的に見えている。どうやら視点自体を色々と変更できるようで、ゲームの見え方が変わる。ただ、「完全に立体に出来ているか?」と言えばそうでもなく、まだまだ微妙な点もありますが、有る程度は3次元的にできているようです。

ゲーム「スーパーマリオブラザーズ3」で言うと、色々な部分が透けちゃって写っている。それでも当たり判定はしっかりと機能しているみたいです。

youtu.be-Ti2fwroyP2A (2)

youtu.be-Ti2fwroyP2A (1)

youtu.be-Ti2fwroyP2A

うーむ、ゲームによって相性が有るのだろうか。それとも、ゲームROMごとに異なる設定が必要なのだろうか?いつかコレがweb上に出ることを期待して見守りたいと思います。また、YouTubeちゃんねるでは、その他ゲームROMのデモ映像が上がっています。ご興味ある人は是非ご覧ください。

Geod Studio[YouTube]
@tructv[Twitter]

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です