例のゴージャスボディな発明家、3Dプリンターでビキニを作る

例のゴージャスボディな発明家、3Dプリンターでビキニを作る

再びこの人がやってきた!!やっぱり相変わらずのゴージャスボディ!!

ただただ目のやり場に困る発明家ことNaomi ‘SexyCyborg’ Wuが今度は3Dプリンターを使って、自分専用のビキニを作り上げた!!ちゃんと自分が測量して3Dモデルを作って、そして組み立てる様子…さらには自作ビキニを着けてプールに行く様子まで公開されているぞ!!hyahha-!!!

まじで、その身体どうなってんだよ!!ってかんじですが、電子DIY系女子であるNaomi ‘SexyCyborg’ Wuさんを楽しんでもらえればいいかなと。

3Dプリンターで作ったビキニ

こちらがその例の映像。サムネイルの時点でもうおわかりですが、かなりきわどい布(3Dプリンターだけどね)の面積なビキニなのです。はち切れんばかりのアレがアレしてアレですけど、つまり、すごい。そういうこと。すごい。

制作シーンより、水着シーンの方が長いってのが「見ている層をわかっている」っていうアレです。

3Dプリンターと言うことで、使用する樹脂を変えてあげれば水着のカラーは自由自在!!(映像ではなにか養成テープ的なので作ろうとしている)しかも量産可能っってのがいいね!!こっちはどっちかって言うとちゃんと作っている映像がみれる。それでもしっかりとおまけ要素も含まれていて嬉しいですわ。

Naomi ‘SexyCyborg’ Wuさんの発明品については、過去の記事でも紹介しているので是非ご覧あれ!!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です