まだデータがありません。

2000年から2015年の事件までに行われたテロの被害をタイムラプスで紹介する動画

2000年から2015年の事件までに行われたテロの被害をタイムラプスで紹介する動画

2015年11月13日に行われたパリ同時多発テロ事件。この事件をきっかけに、改めて「テロ」について考えた人も少なくないのではないでしょうか。

デザイナーであるMilan R. Vuckovicは、2000年12月から行われたテロの恐怖を15年分もタイムラプスにして動画で紹介しています。Milan R. Vuckovicさんは、死亡数別に世界各地で行われているテロを分かりやすくまとめあげました。

あなたはいったいいくつのテロを知っているだろうか?これほどまでに死亡した人がいることに驚きました。

テロの恐怖、いつどこでを知る

15 YEARS OF TERROR | A time-lapse map

テロで死亡した人をアイコンで表現したこの動画。ひし形のアイコンが出てくると、テロでとてもたくさんの人達がなくなったのを一目でわかります。たった15年もの間にこれほどまでの人達がなくなっている事実。こんなにもたくさんの人がテロの被害にあっていたのは知りませんでした。

2015年11月にあったパリ同時多発テロ以降、きっとテロに対して更に考えた人や新たに「テロ」を認識した人もいるでしょう。世界のどこでも起きていて、そしていつかは自分にもかかわるかも知れないことを考えておいたほうが良いかも知れない。

重要なのは関心を持つことです。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です