首かけタイプのハンズフリーへッドセットQ800【レビュー】

首かけタイプのハンズフリーへッドセットQ800【レビュー】

ハンズフリーヘッドセットを企業様よりご提供頂きました。このタイプのデザインは初めて見た気がします。

今回ご提供頂いたのは、僕が個人的に利用させてもらっているイヤホンM20や、コスパの良いBluetoothヘッドセットのQ9Aを以前にも提供してくださった、SoundPEATS(サウンドピーツ)さんからです。

耳かけタイプのBluetoothヘッドセットもスポーツに適していましたが、今回の首かけタイプもスポーツに適しているように思えます。本体から磁石でくっついているイヤホンを使いたい時に外して耳にはめる感じのヘッドセット。ボタン各位が本体にあるため、首付近で操作できるようです。

首かけタイプのBluetoothヘッドセットQ800

「ノイズキャンセリング」を供え、防水タイプのイヤホンで、スポーツシーンには適しているようです。「磁気イヤホン収納」でイヤホンを取外すタイプで、イヤホン自体のケーブルは結構太めでちぎれる心配はなさそうです。仕様は以下の通り。

  • 通信距離:10m(障害物無し)
  • 待機状態:約500時間
  • 通信状態:約5時間
  • 音楽再生時間:約10時間
  • 充電所要時間:約2時間

割りと結構持ってくれますね。一回のスポーツシーンでこれだけの時間を持てば上等でしょう。音質については、やはりSoundPEATSさんのは問題なさげです。低音が若干強いなーというのは毎回です。

今会期になった点はやはり「首かけ」というところ。うーむ、取りあえず写真を見て頂きたい。

首かけ本体の写真

soudpeaceq800wirelessheadset

首かけ部分は柔らかい素材なので、首にかける時には問題なさそうです。首が太めと自負していますが、僕の首でも問題ない大きさです。

jisyakuq800

そして、イヤホンは磁石の力で本体と着脱が出来る。本体には各種ボタンがあります。このボタンは、つまり首付近なので全く見えません

ボタンを全ておぼえることをしないかぎり、ボタンを押すのを間違える可能性は十分にありますね。ただ、幸いボタン自体が大きなデコボコなので、指で触って判断するタイプでしょう。

しかい、個人的には手元で何のボタンか確認したく「ハンズフリー」の考えを根本から壊してしまいますが、個人的にはそちらです。

ありっちゃあり

「首かけタイプ」という個人的に見たことのないタイプの形状をしていました。それにより、「首元」という見えないところでの操作に慣れるかどうかでこのヘッドセットの真価が問われると思います。

音については問題なし、Bluetoothなので多少「ノイズ」があるシーンがありますが、音楽元(iPhone)から離していたので当たり前です。首につけっぱで音楽を聴きたい時に耳にはめる。そんな感じの利用法かなーと。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • kissaten
    ブログ更新用!
  • kissaten
    中の人です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です