Android 5.1とWIndows10をデュアルブートできる11.6インチタブレット:Teclast Tbook 16

Android 5.1とWIndows10をデュアルブートできる11.6インチタブレット:Teclast Tbook 16

いわゆる中華タブレットメーカーTeclast。そのブランドの一つである「Tbook」シリーズの「Tbook 16(11.6インチ)」をレビューします。2in1なタブレット。つまり、Android(Android 5.1 Lollipop)とWindows 10の両方が入っているタブレットです。

CPUがIntel Cherry Trail Z8300で4GB RAMで、Windows 10を余裕で動かせるヤツ。数年前のAndroidタブレットで止まっていた身からすると、このレスポンスの良さに驚きを隠せなかったりします。

Teclast Tbook 16のスペックやフォトレビューをご紹介しますー。あと、コスパがいいなと思いました。

2in1タブレットTeclast Tbook 16

ブランド : TECLAST
商品重量 : 789 g
メーカー型番 : TBOOK 16
商品の寸法 : 10 x 30.4 cm
ディスプレイ : 11.6 インチIPS液晶( 解像度1920 x 1080 )
CPU:Intel Cherry Trail Z8300 64bit クアッドコア 1.44GHz(up to 1.84GHz)
RAM : 4 GB
ROM : 64 GB
OS : Windows 10 / Android5.1 デュアルOS
バッテリー : 8,000mAh
WiFi /Bluetooth : WiFi802.11 b/g/n 、Bluetooth4.0

とりあえず、スペック的な物はこうなっている。microSDは128GBまで対応だそうだ。また別売りで専用のカバー付きキーボードもある。それはAmazonでは売っていなかった。売っていたら欲しい。

先にも書いたが、Windwos 10なら余裕で動くスペック。Android 5.1もサクサク動いてくれる。

利用目的は、資料観覧、ちょっとした調べ物、映像鑑賞、そういう感じのマジでちょっとした利用方法。タブレットでがっつりやるというイメージがない。

フォトレビュー

Teclasttbook162in1 IMG 0347

取りあえず見た目から。割と全体が角張っているイメージ。ディスプレイの11.6インチはやっぱり大きいと感じる。ベゼルは割とデカイ。でも使っていて気にはならない。

Teclasttbook162in1 IMG 0349

背面は、メタルだ。フィルムが入ってあるが、傷ついてなんぼと思ったので外した。それでもあんまり傷がつかない印象。

Teclasttbook162in1 IMG 0348

USBが2ポート有り、片方がUSB 3.0だ。バスパワーは正直微妙だと感じる。なので外付けHDDやSSDを使う場合は電源供給がある物がよいと思う。

SDは128GBが対応している。

他にはイヤホンのポートなどがある。ただ、オーディオポーと使うよりBluetoothイヤホン等を使ったほうが個人的に扱い方としてあっている。

Teclasttbook162in1 IMG 0344

ブート時間は、割と長いと感じる(時がある。だいたいは普通の速度)。でも、起動しちゃえば特に気にならない。ちなみに、BIOSの入り方は、USBポートにキーボードを接続して、起動中にESCを押していけばBIOSに入れます。もし、ブート関連で困ったのならBIOSにトライしてみよう。

Android 5.1

Teclasttbook162in1 IMG 0343

Android 5.1は割と使える。ただ、いくつかのアプリが対応していなかった。たとえば、ポケモンGOなどはこのタブレットでは出来ない。他にも、用途の一つであった「dアニメ」も見れなかった。

利用目的の一つである映像鑑賞「YouTube」「AbemaTV」「Amazonビデオ」なら全く問題なく見れる。見系は多分OK。

そして、追加ストレージは手に入れた物の、だいたいはクラウドサービスを使っちゃう。クラウドサービスは問題なく使える。家にWi-Fiがあるなら利用すべきだな。また、共有フォルダ系もつかえるので母艦のアクセスも問題ない。

利用目的の一つである資料の観覧も11.6インチという大きいディスプレイなのが良い。

Android 5.1が気に入った。

Screenshot 2016 10 01 19 31 20

とりあえず、端末はこんな感じ。

Windows 10

Teclasttbook162in1 IMG 0346

いっぽうWindows 10。

ストレージは37.6GB与えられており(内10数GBがOS)、クラウド系サービスを中心に利用するのであんまりこっちには容量を割かなくてよいと感じた。

というか、SDをAndroidで利用しているとこっちで認識しなかった。ちょっとそこはわからない。

Scrreensyotwindows

とりあえず、スペック的には問題ない。利用目的もクリアしているし、特に問題ない。

どっちがと言うとAndroidを良く使う

2in1なタブレット。Windows 10が余裕で動くスペックでAndroidを使うのは、正直持て余している感はある物の、自分の利用目的を考えると、そこまでスペックを求めていない。

とりあえず、サクサク動いてくれる。

気になる点といえば、「重い」のと「ウェイクアップ」と「ブート」がたまにもたつきあるところ。それ以外は特に問題なく動いてくれる。というか、問題なし。ってか、コスパ良し。

コスパ良しじゃね?これ?

ちなみに、Tbook 16を手に入れて、そっこうガラスフィルムを導入しました。このガラスフィルム、割といい感じです。

2in1でコスパよさそうなヤツをお求めの人、Tbook 16はどうですかね?

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • kissaten
    ブログ更新用!
  • kissaten
    中の人です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です