SoundPEATSの円柱型BluetoothスピーカーP4、IPX4だから風呂でも使える

SoundPEATSの円柱型BluetoothスピーカーP4、IPX4だから風呂でも使える

SoundPEATSさんのポータブルBluetoothスピーカーP4をご紹介します。円柱型でわりとデザインがカッコいいタイプのBluetoothスピーカーです。内蔵バッテリーは2000mAhあり、ポータブルスピーカーで8時間も再生が可能。IPX4をを取得しているのでお風呂での利用も問題なく行けるぞ!!

スピーカーは10Wとパワフルな駆動が出来る。その辺りが素晴らしい。……んだけど、起動音とかペアリングの時のシステム音がめちゃくちゃうるさいというデメリットがある。

SoundPEATSの円柱型BluetoothスピーカーP4

Soundpeatsp4bluetoothspeaker IMG 1012

こちらが、今回ご紹介するSoundPEATSの円柱型BluetoothスピーカーP4です。特徴はやっぱりこの円柱型のこの形。側面には布が貼られており、なんかオブジェっぽい感じがある。全体が真っ黒で、LEDの基本色は青色だ。

めっちゃシンプルデザイン。ボタン的な物は側面にはなく、底面にマルチファンクション機能付きの電源ボタンがある。そのため、マルチファンクション機能についてはめっちゃ使いづらいと感じる。まぁ、だいたいはデバイス側で操作しますけどね。

ちなみに、P4本体は箱の中で厳重にクッションで守られている。めっちゃいいねそれ。

  • 型番:Bluetooth V4.1
  • 対応プロファイル:HSP/HFP/A2DP/AVRCP
  • 通信距離:10m(障害物無し)
  • 出力:DC 5V/0.5A
  • ノイズキャンセル:CVC6.0
  • 出力パワー:10W
  • バッテリー:2000mAh
  • 通信状態:約8時間
  • 充電所要時間:約3時間

製品説明に「マイク搭載」ってあったけど、たぶん表記ミス。マイクらしきところがいっさい見当たらないし説明書にも書いてない。

※追記
マイクありました。正面の側面上辺りに音を拾ってくれる場所がありました。

バッテリーは2000mAh搭載されているため8時間ぐらい再生が可能だ。もちろん、再生させる音量にもよるとおもうんだけど、普通に使う分なら最大音量で聴くことはまず無い(めっちゃうるさい)から8時間持ちますわね。

P4を軽く見て行こう!!

Soundpeatsp4bluetoothspeaker IMG 1013

大きさはどうだろうか。500mlの缶よりは大きく、ペットボトルよりは小さい印象。ちょっとしたタンブラーぐらいある。

※174×72×72mm

Soundpeatsp4bluetoothspeaker IMG 1014 2

重さは510gほどでちょっと重いカナーという印象。ポータブルだけど、割と重い。そのかわり音はかなりパワフルだ。そのバランスを考えれば、べつに持ち運びに苦とは思わないだろうな。

Soundpeatsp4bluetoothspeaker IMG 1015

Bluetoothスピーカーが起動しているかどうかわかるのは天板にあるこのぶぶん。ここでBluetoothの電源を確認する。また、受電中には赤色、満充電になれば緑色、バッテリーが低下してきたら緑色が点滅…など機能によってそれぞれ異なった反応を見せてくれる。

  • 赤色が点灯 … 充電中
  • 緑色が点灯 … フル充電状態
  • 緑色が点滅 … バッテリー残量低下
  • 青色が点滅 … ペアリングモード
  • 青色が点灯 … ペアリングが完了
  • 緑色が点灯 … AUXモード

とりあえず、それぞれのLED点灯はこの様な感じ。AUXモードとは、オーディオケーブルをつかって、音源とP4を直接つなぐ方式。Bluetooth使わない分、バッテリー持ちがながいのかな?

ここで色々操作できる

Soundpeatsp4bluetoothspeaker IMG 1016

ちなみにこの部分はコントローラーとなっており、リングを回せば「P4本体の音量」を調節できる。なので音源の音量はそのままだ。あと、何気にセンサーが仕込まれており、左端から右に、右端から左にスワイプしてあげると曲順が変わる(MacならiTunesとかで)。

ただ、わりと離れたところに設置して使うので、こいつ本体を触って操作さする…ってシーンがあんまりない。

充電とかはココだよ

Soundpeatsp4bluetoothspeaker IMG 1018

P4の充電は背面部分にあるポートから行える。ポートは防水を意識してかしっかりと防がれている。この場所にAUXモードのポートもある。あと、背面は布の折り目がある。これはしょうがないな。

電源ボタンはココ

Soundpeatsp4bluetoothspeaker IMG 1017

マルチファンクション機能もある電源ボタンは底面に設置されている。ぶっちゃけマルチファンクションボタンを使わない。なぜなら、底面だから。さっきの天板にある操作も行わないといったと同様にまず触らないし、そもそもこいつを持ち上げるって言う動作をしないだろう。

なぜにこの場所に?正直使いづらいとは思うぞ。

これは…やめてほしいな

こいつ、日本語のアナウンスが出るんだけど、その音量がどうも大きい。壁の薄いようなヘヤだったらゼッタに苦情でルぐらいデカイアナウンスが流れる。

「電源をONにします」

「1目のデバイスをペアリングしました」

と言ったアナウンスの音量がとにかく大きい。この音量を調節する術がないのでなんとかならないかなー。次期バージョンがでるならココは調節すべきだ。

おおむね満足だ

今回ご紹介した、SoundPEATSの円柱型BluetoothスピーカーP4、おおむね満足です。アナウンスの音はくっそでかいけど、そのあたりは猛将がねーなと。

円柱型になって、色々角度を変えても良い感じに聞こえるのは良いね。机の端っこに設置して利用したり、なんかそういう使い方がいいと思う。

マイクを使った通話とかは多分やらないけど、ボタンを底面におい立って事はやっぱあんまりそのようとで利用しないってことなんだろうなーってね。

お風呂とかでも良いよね。布だから入浴剤の匂いを軽く吸っちゃったのが何とも言えないw

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • kissaten
    ブログ更新用!
  • kissaten
    中の人です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です