プロのBMXライダーが見せる、壁を下りおりるプロジェクト:Sebastian Keep

プロのBMXライダーが見せる、壁を下りおりるプロジェクト:Sebastian Keep

イギリスのプロBMXライダーであるSebastian Keep(セバスチャン・キープ)さんが、とんでもないプロジェクトをやってのけた。彼のプロジェクトである「Walls」は、その名の通り、壁を使ったBMXトリックだ。

ジャンプ台から壁に飛び乗り、下りおりる。ただそれだけなんだけど、高さがスゴイ!!!

最初は普通の壁を下りおりていたのが、段々と高さが上がって行き、立体駐車場、そして結構な高さからの…落下に…!

いやー、なかなかすごいことをやっているぞ!!

BMXで壁にライドオン

もう、サムネイルがすごいことになっている。これはRed Bullの映像だよ!!

イギリスのプロBMXライダーSebastian Keepさんが見せるスーパーBMXtoリック「Sebastian Keep Redefines BMX with MASSIVE Bridge Gaps-To-Wallrides | Walls」だ。壁を下りおりるその姿、…かなりすごいぞ!!!

いろいろとジャンプの高さを変えながらの「Walls」へのトライ。そして最終的には20フィートもの高さからまさにBMXで「乗りおりる」のであった。一歩間違えればケガでは済まされなかっただらろう。

ちなみに、最終ジャンプでの地面に着地するシーンでは、じゃっかんコケているので、マジで危なかったのかも知れない。

ちなみに、「Walls」のビハインド「JUMPING OFF BRIDGES ON BMX The Story Behind ‘Walls’」があるのでメイキング好きな人はぜひ見て欲しい。

いやー、それにしてもRed Bullに出てくる映像はスゴイな!!!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • kissaten
    ブログ更新用!
  • kissaten
    中の人です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です