ボタンポチッと放置で掃除、EVERTOPのお掃除ロボット

ボタンポチッと放置で掃除、EVERTOPのお掃除ロボット

掃除する時間がない、そんな時、ロボット掃除機が有れば解決できる。EVERTOPのお掃除ロボットをレビューするよ!!!

よくある「自動帰還」機能はないんだけど、そのぶん「グンッ」と値段が抑えられているお掃除ロボットさ。数万で買っちゃうより、1万ちょっとで買えちゃったほうが良くない?

デザインはシンプルで、割とパワフルで、しっかりと掃除してくれたヤツだ。

EVERTOPのお掃除ロボット

こちらが今回の製品。カラーはホワイトとブラックで製品写真はしるばーっぽいけど、届いたらまんまホワイトとブラックだった(後述の写真参照)見た目は割とシンプルで、機能もシンプル。ボタンを押して、起動、掃除ってながれ。

タイマー機能とかも有って、最大60分間の掃除が可能なんだとか。何気に大容量なダストボックス搭載(600mL)。

自動帰還機能が搭載されてないので、その分や酸くなっていると思っていいと思います。ってか、自動帰還いる?

あと、落下防止とか基本的な機能がある。家が吹き抜けなので、2階で使う時にその機能があるとめっちゃ嬉しい。

フォトレビュー

Robotvacume IMG 0677

箱はコンな感じ。フル英語。英語は中学生で習ったぐらいなのは読める人ならOKだと思いました。特に問題なし。

Robotvacume IMG 0678

中身!!ちゃんとクッションが入っているのでOKっすね。個人的に「ちゃんと梱包材が入っている会社の製品はいいやつだ」と思ってるので、これはOKですわ。

Robotvacume IMG 0679

本体、白と黒。めっちゃシンプルデザイン。でも、どこか「メカ」っぽい雰囲気を逸れている。この「既視感」はなんだろうって思ってたんだけど、それは後でわかった。

Robotvacume IMG 0683

そして付属品。ACプラグとブラシ、変えのフィルター二つと、ダストボックス用の袋。この袋、あんまり要らない気がする。あと、フル英語の説明書。読まなくてもわかる。

本体を見て行こう

Robotvacume IMG 0680

600mlの大容量なダストボックス。簡単に取り外しが可能。もちろん、取付けも簡単だ。

Robotvacume IMG 0681

底面。ブラシをまだ取り付けていない様子。真ん中の部分から吸い込む。

このローラーのおかげでファッション誌2冊分ぐらいの暑さなら乗り越えてくれる。ロボット掃除機の中には、それを乗り越えてくれない製品も有るんだってね。個人的にそう言うのにであったことないので、乗り越えるのが当たり前だと思っていた。

Robotvacume IMG 0682

タッチセンサーとかの有る部分。これが壁に当たることで、方向転換をしてくれるのだ。

ざっくりと評価

コレ系の掃除機のポイントは「ちゃんと掃除してくれるか」「音はどうなのか」と言う点だと思う。掃除はしっかりとしてくれるゴミをめちゃくちゃ拾ってくれるかんじだ。本体の高さも6.9cmしかないので、ベッド下に入ってくれてゴミを拾ってくれるのも良いところだ。

音については、「そんなにうるさくない」って感じ。コレが動いている中執筆作業しても気にならない。なんならヘアードライヤーの方が音がうるさいと感じる。それに比べたらうるさくない存在。

robotvacume-img_0549

あと、数値が赤く表示される。これ、なんだか海外版のファミコンっぽくない?その感じが良いね!!

あとは値段

「ルンバ高いなー、でも使ってみたいなー」ってひと。ルンバ的に高機能じゃないけど、ちゃんと吸ってくれるヤツだ。

ルンバの約1/3の値段で使えるヤツ。そう言う認識でいいと思うよ。

値段的にプレゼントにいいと思うなー。引っ越し祝いとかね!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • kissaten
    ブログ更新用!
  • kissaten
    中の人です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です