手のひらサイズの自撮り用LEDが物撮りにめっちゃ向いている。

手のひらサイズの自撮り用LEDが物撮りにめっちゃ向いている。

クリップ式でスマホに挟むタイプの自撮り用LEDリングライトをご紹介。このLED、自撮りとかをあまりしないんだけれど、「物撮り」で使えばめちゃくちゃ効果のあるLEDライトです。

しかも、モバイルバッテリーとしても利用できちゃったり、色々と「使える」LEDライトです。

あまりにも製品が良かったので複数所持しちゃったものです。マジでお勧めしたい。

「物撮り」に向いているモバイルバッテリー

製品は二つある。一つ目は「単4電池」で動くタイプ。そして同様の光量でUSB充電タイプになった物。先に電池式をみつけて、そしてその後でUSB充電タイプを見つけたのだ。

値段は2倍近く差がある。ただ、USB充電タイプの方がオススメです。

本来ならば、スマホをLEDに挟んで自撮りをするためのリングライトとしてつかうもの。ところが、孤児的に「自撮り」としては考えておらず、小型のリングライトLEDとして使っている。

だって、手に持てるんだもん。もつでしょ。

3段階の明るさで、割と明るい。オススメです。

フォトレビュー

Mobileled IMG 0509

色は何種類かあるっぽい。左がUSB充電タイプで、右が電池式のタイプ。それぞれ袋がついているのだ。

Mobileled IMG 0510

USB充電タイプには、復路以外にUSBケーブルとLightning変換端子なんかもついている。しかもこのLightning変換端子は、ちゃんとMFI認証されているのかiPhoneの同期も可能だった。(付属のmicroUSBは同期できない)

Mobileled IMG 0511

こんな感じで手のひらサイズ。

Mobileled IMG 0512

本体はクリップ式。超分厚くない限り、スマホを大体はさめる。挟んで、カメラがちょうど林ぐらいとの中から写せる感じになる。

そして、背面にはUSBの穴がある。充電とそしてモバイルバッテリーとして給電する機能だ。内蔵バッテリーは1500mAhとなっているので、ほんのちょっとした時に充電できる。急激にバッテリーを欲する時とかに良いだろう。

Mobileled IMG 0514

ただ、LEDがメインのためか、ある程度給電すると、LEDを発光させる分だけ残してく給電されなくなる。その状態だとしても、LEDライトとして結構使える。

※このiPhoneはiPhone 6s Plusです。大きさのご感想に。

Mobileled IMG 0513

もう、明るすぎてカメラが周りを暗くしちゃう。

明るさは、ガチでまぶしい。だから物撮りとしてちゃんと使える。

ポケットに忍ばせよう

手のひらサイズ、ポケットにも入る。カバンのちょっとした隙間にもいれておける。

ボク個人としては「物撮り」としての利用。片手でカメラ、片手でこのLEDライトって感じさ!これなら、外食時の料理の写真とかも綺麗に明るくなっちゃうよ!!!もちろん、スマホに挟んでそのまま撮影するスタイルも良いよね!!!

 

ほかにもMacBookでのビデオカメラでの通話とか、そう言う時にも役立つんだよね。

そんなカメラさ!オススメだよ!!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • kissaten
    ブログ更新用!
  • kissaten
    中の人です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です