何千もの釘を使って絵を描くアート:Marcus Levine

何千もの釘を使って絵を描くアート:Marcus Levine

いわゆるドット絵アートなんだろうけど、釘を使うと何だか迫力を感じる。

アーティストのMarcus Levineさんは、何千もの釘を板に打ち込んで、絵を描いていくのだ。彼の作品の中には、有名俳優達の姿を釘で表現してしまったものがある。

一の作品を仕上げるのに時には数週間、数ヶ月かかるとのこと。結構打ち込むのにも体力が要りそうだ。

何千もの釘で作られたアート

Al Pacino Marcus Levine 800 x803

これはアル・パチーノのやつだ。映画「スカーフェイス」のトニー・モンタナを釘で表現。目つきがやっぱり悪い。

Dom study I lr 1024x665 800 x1115

バレエダンサーのドミニク・ノース。

Marcus Levineさんは筋肉の表現に力を入れているようだ。他にも裸体の女性や馬など、筋肉が綺麗に描かれている作品もある。

Vinnie Jones and Marcus Levine lr 800 x467

ヴィニー・ジョーンズとMarcus Levineさんががっつりと握手している様子。作品を公開したのだろうか。

JCVD portrait 1024x576 2 800 x1013

映画『ボディ・ターゲット』の時のジャン=クロード・ヴァン・ダム。めっちゃりりしい。

JCVD portrait 1024x576 800 x522

そして、ちゃっかり本人と記念撮影。

Schwarzenegger p001 2 800 x505

映画『ターミネーター2』の時のアーノルド・シュワルツェネッガー。なぜに「2」と判断できるかというと、このバイクがファットボーイという乗り物だから。

Schwarzenegger p001 800 x637

そして、こっちも本人登場。

外の作品もぜひ!

どうやら、Marcus Levineさんは強面な人が好きみたい。外の作品を見てもらうとわかるんだけど、やっぱり筋肉がスゴイ。これが、「釘」をつかって書かれたことさえわすれる繊細さ。素晴らしいの一言だ。

Marcus Levine[関連]

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • kissaten
    ブログ更新用!
  • kissaten
    中の人です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です