Lightningコネクタをマグネット仕様に変換する『MagBolt』、iPhone 7のオーディオにも対応

Lightningコネクタをマグネット仕様に変換する『MagBolt』、iPhone 7のオーディオにも対応

スマートフォンのケーブル類をマグネットに変えた生活をしてみたい。

クラウドファンディングのKickstarterで出資を募っている「MagBolt」というもの。MacBookなどの充電端子の「Magsafe」を思わせる、磁力で端子がくっつき、デバイスを充電してくれるというヤツ。

microUSBやLightning端子のTIPをスマホ本体に差し込み、磁力の力でケーブルとくっつく。そして充電できるって言うヤツです。

Lightning端子のヤツは、iPhone 7のオーディオにも対応しているようです。

磁力でくっつく充電コネクタ「MagBolt」

まずMagBoltのコンセプト映像。いくつかの「コレ系」のプロダクトは成功している。なので、MagBoltも問題なく成功する物だと思っている。

特徴としては、2016年9月16日に販売したiPhone 7/7 Plusのオーディオにも対応するというところだろう。

あとは、MagBoltには、ケーブルタイプとコネクタタイプがある。違いとしては、ケーブルタイプは後からLightningケーブルを差し込む。これはMagsafe用ってことだね。

F73edd7e03e94767669d056d2a361791 original 1
端子(TIP)は、AndroidとLightiningが一緒になったヤツ(MagBolt 2in1)、Lightning(MagBolt iPhone 7)、Type-C(MagBolt USB Type C)とある。一見すると「AndroidとLightningが一緒になったヤツ」がおトクそうに見えるけど、iPhone 7でのオーディオを聴くには、それだと聞けないみたいだ。しかも、MagBolt Magnetic Adapterが必要みたい。

ということで、端子、ケーブルと2種類あって、チップは3種類ある。その中から組み合わせを選ぶかんじのやつだ。

iPhone 7を持っていないのなら、デバイスの数だけTIPを用意してケーブルは一つ。iPhone 7を持っているならケーブルとアダプターが必要って事だな。

マグネット系のヤツは軒並み成功しているから、こいつも良い感じに使えたら良いなー。ちなみに、ほぼ一瞬で出資額に達したから、後は待つだけっぽいぞ!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • kissaten
    ブログ更新用!
  • kissaten
    中の人です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です