ラップトップスタンドがあるとココまで便利なのか!:Loctek S2L

ラップトップスタンドがあるとココまで便利なのか!:Loctek S2L

立位と座位を入れ替えられるのが素晴らしい。

Loctekの製品、ラップトップスタンドS2Lをご紹介!座りっぱなしの作業がつらいなと思っているならラップトップスタンドを導入してみた方が良い。座り作業と立ち作業をサササと切り替えられる!

さらに、机の上がめちゃくちゃ広くなって、素晴らしく色々な作業しやすくなる!机が広くなるのはジャスティスですわ!

まさに導入するに値するヤツ!身体的に楽に作業したかったり、作業スペースをしっかりと確保したい人にいいと思います!

LoctekのラップトップスタンdのS2L

こちらがラップトップスタンドというやつ。モニターアームのような物でラップトップ系のものを乗せる台座と考えていただいて良い。

これ、マジで便利です。

机の上にラップトップを置いていると、そのスペースを取られてしまう。ところが、ラップトップスタンドはその場所をそのまま空中に浮かせてしまえるのだ。

めっちゃスペースが空く。

資料とか置けちゃう。

すげえじゃんそれ。

ほかにも、コレを使うと、肩への負担はダイブと楽だ!どういうことかというと…。

通常、テーブルの上に置いてあるラップトップを「見下ろす」形になっちゃうと思います。それが無い。だって、ラップトップの高さをあげればよいだけだから。

そうすると、目線はおのずと正面を向く。つまり、背筋を伸ばしたまま作業が出来ちゃう。それだけでも楽だ!

つまり、ラップトップスタンドは、座位と立位をすぐに入れ変えられ、さらには背筋を伸ばして作業が出来ちゃう…ってことだ!

というととで、S2Lのフォトレビューをご紹介。その前に映像を見てみよう!

Loctek S2Lの映像

Loctek S2L ノートPCスタンド・モニターアーム 座位-立位変換 10-17インチ対応

とりあえず、LoctekのS2Lがコンセプト映像を出しているのでそれをご紹介させていただきました。マジでこんな感じでラップトップを操作できちゃう。

ね、よさげでしょ?ってか言いよコレ。

S2Lのフォトレビュー

Loctek s2l IMG 0210 2

こちらが箱です。このパッケージのような感じでラップトップをテーブルに上げることが出来ちゃう。

Loctek s2l IMG 0212

これがラップトップスタンドのテーブル部分。比較に置いてあるのはiPhone 5です。これはノートPCなら17インチぐらいのものを置くことを想定されているみたいだ。

ボクが使うのはMacBook Pro 13インチなのでかなり余裕があるということだ。

Loctek s2l IMG 0213

素材はプラスチックとアルミニウムから作られている。結構丈夫だ。

Loctek s2l IMG 0214

部品はこんな感じだ。

テーブルを直接挟む方式と、ケーブルを逃がす用の穴をつかったグルメット方式でこのスタンドを固定するのだ。

Loctek s2l IMG 0215

テーブルにとりつけるとこういう感じだ。コレは本来の作業机ではなく、近場にあった机。テーブルに挟む方式なので、いろんな天板の暑さに対応するのだ。

Loctek s2l IMG 0216

こういうタイプで挟む。クランプが二つあるので安心だ。

Loctek s2l IMG 0217

そして、早速装着しちゃったバージョン。テーブルの空をまうラップトップと言ったところだ。普段から外部キーボードを使っているので、テーブルの上にはキーボード。そして、ラップトップスタンドで浮くMacBook Proなのだ。

すばらしい方式だ。

Loctek s2l IMG 0218

横から見るとこういう感じ。この浮いているスペースの部分がそのまま使えちゃう。↓に資料とか置いてます。目線をしたにやると、ちゃんと机の奥までみえる位置にあげています。

Loctek s2l IMG 0219

ちなみに、そのままテーブルを上に上げてみた。マジで広い。超自由だ。もちろん、そのままラップトップを使えるのだ。無線マウスとキーボード使ってますからねー。

素晴らしい空間が広がる。

Loctek s2l IMG 0220

角度を変えてみた。

拾い。

Loctek s2l IMG 0221

ちなみに、ラップトップスタンドの下にiPhoneとかタブレットを入れておくみたいな使い方も出来る。ムフフな資料を隠しておいたりね。

Loctek s2l IMG 0222

そして、立位。

ところでこういう話を知っているだろうか?

1日に6時間座る生活を続けていると、たとえ日常的に運動をしていたとしても、1日に3時間しか座らない生活の人に比べて15年以内に死ぬ確率が40%増えるとのこと。また、デスクワーク中心の仕事をしている人は、立ち仕事が中心の人に比べて心臓病になる確率が2倍に高まるそうです。
Via:健康を害する「座りっぱなし」のリスク – エキサイトニュース(1/2)[関連]

そう。座りっぱなしはぶっちゃけ良くない。でも、執筆作業をするには座りっぱなしはしょうがないのだ。

でも、このラップトップスタンド的な物があれば、立位、つまり、立っての作業にすぐに切り替えられる!まじで。マジでコレが楽だ。

ぶっちゃけどうなの?

まず、立位って、やっぱ気持ち良い。もし座りっぱなしの人がいるのであれば、立って作業をしてみてほしい。

個人的に、机の上に段ボールの箱を置いて、その上にMacBookを置いて作業をしている時期があった。なぜなら長期的な座位での作業が身体的につらくなってくるからだ。

ぶっちゃけ応急処置程度だったけど、これをやらないよりは良い。立位は確実に身体が楽になる。

つまり、ラップトップスタンドがあると、楽なのだ。

ラップトップスタンドS2Lは良い感じだ

まず、製品自体はちゃんとしているという印象だった。アルミニウムな感じがマジでカッコいい。ニトリのテーブルの上に取り付けたんだけど、かなりびくともしない。

テーブル自体の操作もめっちゃ楽だし、座位、立位への切り替えが非常に楽。そして目線も楽。姿勢が楽。そういうヤツ。

テーブルを使い倒したい人、楽に作業をしたい人。そういう人にラップトップスタンドが向いている。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • kissaten
    ブログ更新用!
  • kissaten
    中の人です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です