ベアグミをぎっしり詰めた斧の作る方法:Gummy Bear Axe

ベアグミをぎっしり詰めた斧の作る方法:Gummy Bear Axe

これはめっちゃカラフルだ。

YouTuberのPeter Brownさんは、古い斧のハンドルを、ベアグミぎっしりのハンドルに作り替えた!固められたベアグミのハンドルと交換するだけなのだが、実はかなりの苦労があった!

ベアグミをぎっしり詰めた斧を作る方法!割とシンプルで、挑戦できる!?

ベアグミで作った斧!

GbZ2NjG 800x461

これが完成したベアグミを使った斧。震い錆びついた斧の柄をベアグミで作った透明な柄と入れ替える。そしてついでに、サビも綺麗に落としてリビルドしたのだ。

斧の型をとって、ベアグミを詰めて…ってだけなんだけど、ちょっとした苦労が。その苦労は映像を見て欲しい!

Dip It #11: Gummy Bear Axe

型に入れて、はみ出したベアグミを削る作業の時、どうしても組が引き伸ばされて、べたべたな素材が斧全体に…。想像しただけで「うわぁ」となってしまう状態。それを何とかするために、手作業でレジンをコーティングしたのだ。何という苦労…。

まぁ、ベアグミ斧は何とか作り上がったのだが、耐久性と可動だろうか?一振りで折れちゃわないだろうか?

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • kissaten
    ブログ更新用!
  • kissaten
    中の人です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です