ダムの手すりで自転車に乗るっていうめっちゃ怖い映像:Fabio Wibmer

ダムの手すりで自転車に乗るっていうめっちゃ怖い映像:Fabio Wibmer

いやー、コレはかなり怖い!!いくらプロだからってこのチャレンジは本人も怖いだろうなー!!

オーストラリアのMTBプロライダーであるFabio Wibmer(ファビオ・ヴィブマー)さんは、オーストラリアにある Koelnbreinsperreというダムの手すりをMTBで渡る映像をYouTubeで公開した。

地上200m地点ダムの手すり。落ちたら100%だめな高さでのMTBサイクリングチャレンジ。本人の息遣いやたまに傾いちゃう様子とか、見ているこっちはかなり冷や冷やしちゃうタイプの映像です。高所恐怖症の人は観覧に注意したほうが良いぞ!!

命がけのMTBサイクリング

こちらがFabio WibmerさんのYouTubeに投稿された「Bike balancing 200m high up – Fabio Wibmer」です。動画の冒頭で、いきなりダムの手すりの方に。その時点で既に「コワい」と思ったのですが、手すりを進み、手すりの角を曲がると、さらに高い200mものたかさのところ…。

片側はちゃんとした道路、そして方側ははるか下に…。

時折、Fabio Wibmerさんが息を整える様子や、横風のような音も聞こえてくる。さらに、バランスが悪いのかカメラが結構傾く時がある。見ているこっちはもう、その様子を見るのに精いっぱいで息をすることを忘れるほどだ。

結果的にはFabio Wibmerさんは無事に手すりを渡りきり、この命がけのチャレンジを成功させるのだ。まぁ、死んじゃってたら、この映像も存在しなかったでしょうしね。

高所での綱渡り系もそうだけど、どうしてこの人達はこんな怖いことが出来ちゃうんだろうかな。見ている側も結構つらいんだぜ!!

ちなみにこちらの映像「Q&A – Bike Balancing 200m high up」では、Fabio Wibmerが今回のチャレンジについての&A形式で答えるセルフインタビュー的な物が公開されています。彼の考えに興味を持った人は是非ともこのQ&Aについて見てみましょう!

あぁ、それにしてもどうしてこんな危ないことを…。ボクがこの人の兄弟とかだったら絶対にこの行動を止めるんだろうなー。それでも彼は絶対にやりとげるんだろうなー。

Fabio Wibmer[YouTube]

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • kissaten
    ブログ更新用!
  • kissaten
    中の人です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です