木の塊から大きな果物のオブジェが出来るまで

木の塊から大きな果物のオブジェが出来るまで

いくつかの木材の集合体から段々と削っていき、リンゴのオブジェが出来ていく様子をご紹介します。

一つの角張っていた木材の個体が、回転しながら木工職人の手により段々と角が取れ、最終的に丸くなっていく。そして、でき上がった物は直径60cmもの大きさのリングのオブジェなのです。

アノ角張った木材の集合体から、いったいリンゴになることを想像できただろうか?一見の価値有りです。

木工職人の技術で作られるりんご

Erstellung eines Deko-Apfels von “die bremer drechslerei”

いとも簡単に木の塊から段々とリンゴに成形していく木工職人。滑らかなに丸くするのは、実際にやってみれば、きっと難しい作業なのでしょう…。

ringowood

ringowood2

ringowood3

ringowood4

ringowood5

ringowood6

最後には、リンゴの果柄までしっかりと作り上げている。果柄の差し込む部分は、さっきまで木を回転させていた部分なので、その部分も活かされているのがすばらしいな。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • kissaten
    ブログ更新用!
  • kissaten
    中の人です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です